mplusplus、波打つ光が有機的な軌跡を描く新プロダクト「WAVING LED RIBBON」を開発 新たなパフォーマンス作品も公開
カテゴリ:エンターテック
2020-07-28

LEDを用いたダンスパフォーマンスシステムの開発と演出、テクニカルディレクションを行うmplusplus株式会社が、また魅力的なプロダクトを発表した。新体操のリボンとLEDが融合した「WAVING LED RIBBON」だ。

SDIM1039

 

独自の無線同期機能やLEDの無限回転機構を搭載したこのプロダクト。これを初めて使用したパフォーマンス作品「Opening For The Brighter Future」も 2020年7月24日(金) に公開されており、大きな反響を呼んでいる。

wavinv-led-ribbon

 

リボン×LEDによる新たなスポーツエンターテインメントアイテム「WAVING LED RIBBON」

「WAVING LED RIBBON」は、有機的に波打つLEDの光が、空中に軌跡を描くことができる次世代のスポーツエンターテインメントアイテムだ。

SDIM1009

 

LEDを空中へ投げる動作や、破損せずに回転させるパフォーマンスは耐久面・操作面から困難とされていたが、複数デバイスの無線同期が可能な独自ハードウェア・ソフトウェアに加え、接続部分が無限回転する独自機構の開発により、一見CG加工のような幻想的なパフォーマンスを可能にしました。

今後、スポーツイベントや音楽イベントなど様々な舞台演出で活用の幅を広げていく予定だという。

20200717 P1180826

 

パフォーマンス作品「Opening For The Brighter Future」

このプロダクトを初めて使用したパフォーマンス作品が「Opening For The Brighter Future」だ。

無観客の中行われたパフォーマンスを収めたこの作品。スポーツ×テクノロジーによる新しい表現の可能性を美しく示してくれている。

 

このパフォーマンスに込められた想いについて、mplusplus からはこのようなコメントが公開されている。

昨年度から、日本に訪れる様々な国際的な祭典に向け「WAVING LED RIBBON」の試作を続けていた中、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、携わる興行が延期や中止をせざるを得ない状況になりました。

クライアントやお披露目となるイベントが無い中、こんな時こそエンターテインメントが必要とされていると信じ、無観客の駒沢オリンピック公園屋内球技場にて、完全自主制作でのパフォーマンスを敢行しました。

本作品は、同じくコロナ禍で活動休止を強いられていたカラーガードパフォーマンスチーム「Via Colorguard」に出演いただいています。

日本の技術や繊細な表現が凝縮された、LEDの軌跡がこれからの明るい未来を照らすパフォーマンスを目指しました。スポーツやエンターテインメントで、世界中の人々と熱狂できる日々がいち早く戻るよう願っています。

 

Twitterでも大きな反響が寄せられている

このパフォーマンス動画はTwitter上でも公開されており、50万回以上の動画再生、多くのRetweet・Likesという形で、大きな反響を呼んでいる。

またその中には、新体操日本代表・フェアリージャパンの選手からもコメントが寄せられていることからも、このプロダクト・パフォーマンスの持つ魅力がうかがえる。

 

 

前回のLEDマスクに続き、“ダンス”と“テクノロジー”を高いレベルで融合し、新しい未来の可能性をメッセージと共に発信する mplusplus に、今後も注目していきたい。

Scsh01

 

■ mplusplus ウェブサイト:
http://www.mplpl.com/

■ Instagram:
https://www.instagram.com/mplusplus_official/

■ Facebook:
https://www.facebook.com/mplpl/

 

関連記事:
mplusplus、LED搭載マスクを用いた新作パフォーマンス動画「NO MASK FOR ENTERTAINMENT」を公開
https://www.bakery-lab.tokyo/2020/06/mplusplus-no-mask-for-entertainment/

LIVEパフォーマンスにおける新たな表現の可能性、ディスプレイのように制御可能な旗 “LED VISION FLAG”
https://www.bakery-lab.tokyo/2019/05/led-vision-flag/

 


2020-07-28 | Posted in エンターテック | by Yuki Abe
Yuki Abe

Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。