Spotifyが2020年の “海外で最も再生された国内アーティストおよび楽曲” ランキングを発表
2020-12-04

Spotifyは、先日公開した日本・世界の2020年各種ランキングに続いて、「2020年に海外で最も聴かれた日本の音楽ランキング」を発表した。

海外ではどのような楽曲が人気だったのか、ぜひチェックしておきたい。

2020年、海外で最も再生された国内アーティスト・楽曲はこちら!

今回発表された、2020年の「海外で最も再生された国内アーティスト/楽曲」は以下の通り。

Spotifyまとめ 海外ランキング

 

海外で最も再生された国内アーティスト
1.LiSA
2.RADWIMPS
3.ONE OK ROCK
4.米津玄師
5.久石譲
6.林ゆうき
7.Aimer
8.いきものがかり
9.TK from 凛として時雨
10.FLOW

 

海外で最も再生された国内アーティストの楽曲
1.紅蓮華/LiSA
2.unravel/TK from 凛として時雨
3.シルエット/KANA-BOON
4.ブルーバード/いきものがかり
5.Tokyo Drift (Fast & Furious) – From “The Fast And The Furious: Tokyo Drift” Soundtrack/Teriyaki Boyz
6.ピースサイン/米津玄師
7.summertime/cinnamons, evening cinema
8.crossing field/LiSA
9.狂乱 Hey Kids!!/THE ORAL CIGARETTES
10.Black Catcher/ビッケブランカ

 

「海外で最も再生された国内アーティスト」では、 昨年4位だったLiSAが順位を伸ばして1位に。また、「海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」の1位もLiSAの「紅蓮華」で、 アニメ『鬼滅の刃』の世界的な人気の高さがうかがえる。

LiSA_Photo
海外で最も再生された国内アーティスト/楽曲共にLiSAが1位を獲得

 

また、最も再生された楽曲では、アニメ関連楽曲がトップ10のうち8曲を占めており、同じくアニメコンテンツの強さを示している。2位にランクインしたTK from 凛として時雨の「unravel」はアニメ『東京喰種トーキョーグール』のオープニングテーマで、 同ランキングでは2018年に3位、2019年に2位と、3年連続でTOP3入りを果たしており、Spotify上で再生回数は1億回を突破している。

7位の「summertime」はTikTokで話題になり、 東南アジア各国のSpotifyバイラルチャートにランクイン し注目を集め、再生回数を伸ばした。(最も再生された国は、アメリカ、インドネシア、フィリピンの順)

 

連動したSpotifyプレイリストも公開

今回の2020年「海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」ランキングは、プレイリストとして公開されている。こちらのプレイリストでは50曲までをまとめて聴くことができるので、ぜひチェックを。

Global hits from japan 2O2O JP
プレイリスト Global Hits from Japan:
https://spoti.fi/GlobalHitsJP2020

 

 



Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。