アーティスト向け制作費前払いサービス「PayNOAH Creation」β版提供を開始、ユーザー向け福利厚生プログラムも同時発表
カテゴリ:エンターテック
2020-07-21

株式会社ペイノアは7月21日、アーティスト向けの制作費前払いサービス「PayNOAH Creation」(ペイノア・クリエーション)はβ版の提供を開始した。本サービスは、お金を理由に制作活動が制限されているアーティストが、「才能」と「可能性」を担保にもっと多くのチャンスを、より自由に手にするためのサービスとなる。

Paynoah20200721

 

またこの発表と合わせ、ペイノアユーザー向けの福利厚生プログラム「PayNOAH PASSPORT(ペイノア・パスポート)」の提供も発表された。このプログラムには国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」や日本発のバランス栄養食「COMP」なども参加している。

 

アーティスト向け制作費前払いサービス「PayNOAH Creation」

「PayNOAH Creation」(ペイノア・クリエイション)は、アーティストが自由に活動をおこなうための制作費前払いサービスだ。

アーティストは「コンテンツ制作費」や「イベント制作費」、「プロモーション費」など様々なシチュエーションでサービスを利用できる。また、前払い方法は大きく分けて2つ用意されており、最適なものを選択可能となっている。

Flow

<2つの前払い方法>
方法1:プロダクションアドバンス
・PayNOAH Creationを利用して制作するものの売り上げの一部を前払い
・利用手数料は、¥9,380(年間)+前払い金額の20%

方法2:ロイヤリティアドバンス
・既存の売り上げの一部を前払い
・利用手数料は、¥9,380(年間)+前払い金額の5%
※ 初期は「TuneCore Japan」の売り上げのみが対象(今後対象ロイヤリティの種類は拡大予定)

 

※ 前払いをおこなうためにはペイノアによる事前審査が必要
※ 前払いされたお金で制作した制作物の権利は100%アーティストに帰属

 

また特典として、「PayNOAH Creation」利用アーティストだけが受けられる「リーガルサポート」が2種類用意されている。自由に活動するアーティストが直面する法務的な悩みに対してサポートをおこなっていく。

特典1:契約書サポート

・制作活動の際に利用頻度の高い契約書フォーマットを無償で提供
・マネジメント関連契約/著作権関連契約/会場使用契約などの制作全般に関わる基本的な契約書テンプレートを用意

 

特典2:無料弁護士相談

・30分の個別電話相談が弁護士から受けられる
※ 契約書の改変や弁護士への正式依頼は別途費用が必要となる

 

アーティスト向け福利厚生プログラム「PayNOAH PASSPORT(ペイノア・パスポート)」

今回合わせて公開された「PayNOAH PASSPORT」(ペイノア・パスポート)は、ペイノアユーザーだけが利用できる、アーティスト向けの福利厚生プログラムだ。

アーティストの活動を支える各種提携サービスを、ディスカウント価格で利用することができる。

Passport

提携サービスは

  • カスタム ギター/ベース メーカー(Addictone)
  • クラウドファンディング(CAMPFIRE)
  • 英詞のチェックなどのアーティストの海外展開支援(Fullest)
  • 物置きのシェアサービス(モノオク)
  • バランス栄養食(COMP)
  • アーティストのキャリア支援(特定非営利活動法人日本アーティスト協会)

など、多岐に渡っている。全提携サービスとディスカウント内容は、ペイノアの以下noteにまとまっている。

https://note.com/paynoah/n/n7491d0c3cc29

 

 

今回の発表に際し、ペイノアCEOであり現役アーティストでもある 小林 秀 氏 から、以下のコメントが公開されている。

社会はデジタルでアップデートされ続けている。アーティストも例外ではありません。個人のクリエイションをファンに直接届けられる。一緒に創作活動をする仲間も簡単に探せる。様々な決定権を自分自身で持てる。その結果、どこかに所属する必要性がなくなる。
でも、頭ではわかっていても、それらが簡単に出来ない理由は「お金」でした。
だから、『制作費前払い』というアーティストにとっての新しい資金調達方法によって、自身が持つ才能と可能性を担保に、誰に縛られることなく、創作活動に没頭できる環境を提供します。もっと、つくろう!

株式会社ペイノア CEO 小林 秀 コメント

 

■ PayNOAH Creation サービスサイト
https://paynoah.inc/creation/

 


2020-07-21 | Posted in エンターテック | by Yuki Abe
Yuki Abe

Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。