ソニーミュージックがアクセラレータープログラム「ENTX(エンタエックス)」をスタート
カテゴリ:エンターテック
2018-08-08

ソニーミュージックが、「世の中の課題の解決を目指す皆さんの事業テーマ×エンタテインメントのチカラ」をテーマにしたアクセラレータープログラム『ENTX(エンタエックス)』をスタートしている。

音楽・エンターテインメントだけではなく、さまざまな「世の中の課題」をターゲットにしたこのプログラム。応募締め切りは 2018年9月9日(日)23時59分 まで。

Entx

ENTX 公式ページ:
https://entx.jp/

 
 

エンターテインメントのメカニズムをスタートアップに掛け合わせるプログラム、募集テーマは音楽に限らず多岐に

このプログラムのコンセプトは「Entertainment Explosion」。音楽事業の他にもアニメ・ゲームやタレント・クリエイター等の発掘・育成、流通、ライブホール運営などさまざまな事業を展開するソニーミュージックグループ全体で連携を図り、新たなエンタテインメントビジネスを創出していく。

私たち、ソニーミュージックは創立50周年を迎える
音楽を中心とした総合エンタテインメント・カンパニー。
私たちは劇的に変化する社会に新しい価値を提供したいと考え、
アクセラレーションプログラムを始めます。

音楽の可能性を誰よりも信じている私たちだから、
エンタテインメントの可能性を誰よりも信じている私たちだから
音楽・エンタテインメントを再定義し、拡張し、新しい価値をつくりたい。

コンセプトは「Entertainment Explosion」

ソニーミュージックが50年かけて 磨いてきたそのノウハウとその想い、
ご参加いただけるみなさんのアイデアと、技術と、想いを 思いっきり、ぶつけたい。そして爆発させたい!

ソニーミュージックの
アクセラレーションプログラム「ENTX(エンタエックス)」始まります。

公式ページより

 
ソニーミュージックのアクセラレータープログラムということで、音楽・エンターテインメントがまず想起されるが、その他にもテーマとして「インバウンド」「スポーツ」「シニア」「ヘルスケア」「教育」「飲食」「住環境」「地方創生」「テクノロジー」「空間」「アニバーサリー」「人材」が挙げられている

それぞれのテーマにエンターテインメントの力をかけ合わせることでどんな未来が生み出せるか、公式ページではワクワクする例がそれぞれに提示されているので、チェックしておきたい。

 
 

応募締め切りは9月9日、参加企業説明会は8月24日に開催

応募締め切りは2018年9月9日(日)23時59分、公式ページより応募できる。

スタートアップから上場企業まで事業ステージは一切問わず、個人の方や応募時点で法人化されていない団体・チームでも応募可能とのこと。音楽・エンターテインメント、またそれらとかけ合わせたアイディアを持つ方は是非チェックしておきたいプログラムだ。

 

また、このアクセラレータープログラムについて、参加企業に向けた説明会が8月24日に開催される。プロトスター株式会社が運営する国内最大のスタートアップコミュニティ「StarBurst」のピッチイベント「StarBurst DemoDay#5」に併設する形で実施される。

こちらは現在peatixにて申し込みが可能。気になる方はまずここからチェックしてみてはいかがだろうか。
https://entx.peatix.com/


2018-08-08 | Posted in エンターテック | by Yuki Abe
Yuki Abe

Yuki Abe

マーケティングコミュニティプラットフォーム「cocosqure」の開発 及び 音楽・エンターテイメント音楽とテクノロジーを掛け合わせたプロダクト/サービスの情報発信および開発を行っている“エンターテック・テクノロジスト/ソフトウェアエンジニア”。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。