Spotify、アーティストのインタビューと楽曲を一緒に楽しむ新プレイリスト「Liner Voice+」を開始 第一弾はaiko
2021-03-03

Spotifyは、音声ライナーノーツとアルバム収録曲を組み合わせた Spotify 限定のプレイリストシリーズ「Liner Voice+(ライナー・ボイス・プラス)」を開始した。

第一弾のアーティストは aiko。「Liner Voice+」が本日3月3日に公開されている。

LinerVoice2

 

楽曲と共に、アルバムに込められたメッセージ、制作の舞台裏を“音声ライナーノーツ”としてアーティスト自らが語る

「Liner Voice+」は、アルバムのテーマや収録曲に込められたメッセージ、制作の舞台裏をアーティスト自らが語る “音声ライナーノーツ” と、楽曲とを組み合わせたプレイリストだ。

音楽やアーティストに深い知見を持つインタビュアーとの対話形式を取ることで、アーティストの人生観やこれまで語られたことがないエピソードまで引き出していく。

第一弾となる aiko の「Liner Voice+」は、本日リリースのニューアルバム『どうしたって伝えられないから』について。恋愛にこだわり楽曲を制作してきた aiko の独自の世界観を持つ歌詞やメロディーがどのようにして生まれてきたのかを、インタビュアー 内田正樹 氏 と深く掘り下げて紹介していく。

 

Liner Voice+ aiko 『どうしたって伝えられないから』
http://spoti.fi/LinerVoiceplus_aiko

 

今後どのようなアーティストが登場するか、チェックしたいシリーズになりそうだ。

 



Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。