ヤマハのリモート合奏サービス「SYNCROOM」スタート Windows / macOS版を正式公開、Androidベータ版アプリも同時公開
カテゴリ:エンターテック
2020-06-29

ヤマハ株式会社は、離れていても自宅などから複数人でリモート合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」の Windows / macOS版アプリ を本日6月29日に公開した。

このアプリケーションは、 これまでベータ版として公開していた「NETDUETTO β2」の正式版となる。

また、このWindows / macOS版アプリ正式公開と合わせて、現在開発中のAndroid版アプリもベータ版として公開されている。

遠隔で共同制作したいアーティストも、ぜひチェックを。

Sub1

■ 『SYNCROOM』公式プレーヤーズサイト
https://syncroom.yamaha.com/play/

 

オーディオデータの双方向送受信の遅れを極小化し、遠隔地間でも快適なオンラインセッションが楽しめるサービス

『SYNCROOM』は、インターネット回線を介して、複数のユーザー同士でリモート合奏が楽しめるサービスだ。

一般的なリモート会議システムやIP電話は、通話や会議を想定して設計されており、一定の音声の遅れが生じることから、高いリアルタイム性が要求される合奏には適していない。

そこで『SYNCROOM』は、独自の技術によってインターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信の遅れを極小化し、遠隔地間でも快適なオンラインセッションが楽しめるサービスを実現した。

使い方は簡単、『SYNCROOM』公式サイトよりダウンロードし、アカウント登録を行うことで無料で利用可能だ。推奨されるインターネット回線は「光回線・IPv6・IPoE対応」とのこと。

代表の1アカウントがインターネット上に仮想的な部屋「ルーム」を作成し、そこへ他のユーザーが入室することで、1つのルームで最大5拠点(アカウント)をつないでオンラインセッションを楽しめる。

 

また、『SYNCROOM』では、ベータ版サービス「NETDUETTO β2」から新たに「リバーブ機能」や「メトロノーム機能」、「録音機能」が追加されている。
(現在提供中の「NETDUETTO β」および「NETDUETTO β2」は2020年秋頃にサービス終了となる予定。「SYNCROOM」への移行にあたり、改めてアプリケーションのインストールが必要となる。)

 

現在開発中のAndroid版のアプリケーションもベータ版として公開

また、現在開発中のAndroid版のアプリケーションもベータ版としてGoogle Playストアにて無料で公開される。

次世代通信規格 5G を見据えた展開となる本アプリ。現在はベータ版だが、今後開発が進むことで、よりリモートでの演奏が身近になっていくだろう。

■ 『SYNCROOM』公式プレーヤーズサイト
https://syncroom.yamaha.com/play/


2020-06-29 | Posted in エンターテック | by Yuki Abe
Yuki Abe

Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。