タワーレコードの音楽キュレーションメディア「TOWER DOORS」、サブミットフォームを新設
2020-03-17

タワーレコード株式会社が 2019年4月より運営している音楽キュレーションメディア「TOWER DOORS」に、 2020年3月16日(月)より新たにサブミット(投稿)フォームが新設された

これまで以上に手軽に自身の作品をTOWER DOORSに投稿・提案できるようになっている。音楽や写真のアーティスト、クリエイター、プロモーターは要チェックだ。

main

「TOWER DOORS」サブミット(投稿)フォーム URL
https://towerdoors.tokyo/#/

 

「TOWER DOORS」はこれまでに約180組のアーティストと約190曲もの楽曲を紹介・発信

「TOWER DOORS」はYouTubeをプラットフォームとする音楽キュレーションメディア。

アーティストやレーベル等からサブミット(提案)された楽曲をタワーレコードの専門スタッフが厳選し、 「TOWER DOORS」が持つチャンネルの特性に沿ってキュレーション、 配信している。昨年のローンチから、 これまでに約180組のアーティストと約190曲もの楽曲を紹介・発信している。

これまで「TOWER DOORS」は、 楽曲の投稿をメールでのみで受け付けていたが、今回のサブミットフォーム新設により、より手軽にアプローチできるようになった。

 

ミュージシャンの他、写真家のサブミットフォームも

今回オープンしたサブミットフォームは、アーティストの情報など、必要事項を入力し、音源/写真データを送るだけの、シンプルなフォーマットを採用している。

Sub2
ミュージシャン向けサブミットフォーム。必要な情報がわかりやすく整理されている

 

また「TOWER DOORS」は、 〈写真と音楽とのコラボレーションをしてみたい〉〈自分の写真を音楽ファンに届けたい〉という写真家からの投稿も募集しており、さまざまな写真作品を写真家のクレジットと共に、YouTube動画の背景として紹介している。今回の新サブミットフォームでは、写真家向けのフォームも新設されており、楽曲のみならず、それらの写真も「TOWER DOORS」に投稿できるようになっている。

Sub3
写真家向けサブミットフォーム

 

アーティストのプロモーションにおける重要なアクションの一つとなっている、キュレーションメディアへのサブミット。よりアクセスしやすくなった「TOWER DOORS」もそのひとつとして、ぜひ活用してみてはどうだろう。

 

■ TOWER DOORS総合チャンネル: https://www.youtube.com/c/TOWERDOORS
■ Hip-Hop DOOR: https://www.youtube.com/channel/UCeSjWG0SIzn_XdtsmrfYPoQ
■ R&B / Jazz DOOR: https://www.youtube.com/channel/UCeJF5XxcE1ElxOfwuEeRmGA
■ Pop / Electro DOOR: https://www.youtube.com/channel/UC5BtImEYTZ7_yoZVll7birA
■ Indie / Alternative DOOR: https://www.youtube.com/channel/UCvt7xa9eaj4R0jSBVMRuUzA
■ Twitter: https://twitter.com/TOWER_DOORS
■ Instagram: https://www.instagram.com/towerdoors.music/
■ Spotify: https://open.spotify.com/user/h4ui1bvdq79qpj3xxz3tcbp5z
■ TOWER DOORSブログ(Mikiki): https://mikiki.tokyo.jp/category/blog_towerdoors


Yuki Abe

Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。