KEYTALK × KAGOME、本物の野菜でできた“ベジスタジオ”で収録した新楽曲MVを公開
2019-06-25

ブランド×アーティスト・クリエイターの事例として以前BAKERYでも紹介していた、カゴメ株式会社による「GO!ME.」プロジェクト。その第一弾となる、「KEYTALK」とコラボレーションした新楽曲のMVが6月25日に公開された。

本物の野菜を使用した空間で撮られた、カラフルでPOPな世界観のMVに注目したい。

㈰KAGOME×KEYTALK mainKV 1

 
 

本物の野菜を使用したファンタジックでPOPな世界で、KEYTALK・ねおがパフォーマンス

「現代社会を自分らしく突き進む若者達」の、カラダ本来の調子をカゴメの商品を通して引出し、日々の活動やパフォーマンスの向上をスポンサードしていく「GO!ME.プロジェクト」の個別プロジェクト第一弾として企画された本作。

その第一弾は、人気ロックバンド「KEYTALK」とコラボレーション。20 代~30 代のウォンツに応える野菜飲料の新発売に合わせて公開する「KEYTALK」の新楽曲「ララ・ラプソディー」の MV をカゴメが全面バックアップして制作するものとなった。

新楽曲「ララ・ラプソディー」は KEYTALK の首藤義勝が作曲・作詞を担当、カゴメ「GO!ME.プロジェクト」のテーマを音楽面で表現。「やりたいこと、何かに挑戦したい気持ちが溢れた瞬間に生まれる期待や不安、すべてをこの曲で表現できたら」という、毎日を一生懸命に生きている全ての人に送るメッセージが込められた楽曲だ。

これを受けてカゴメは、本物の野菜を使用した“ベジスタジオ”を3日間かけて制作。ミキサーの中をイメージさせる、野菜で彩られたファンタジックでPOPな世界を創り上げた。

 

さらにMVでは、TikTok、MixChannel、Musical.ly などの音楽シンク系アプリでNo.1フォロワー数を誇る人気クリエイター「ねお」がストーリーの主人公として登場。野菜をイメージしたオレンジの衣装で、KEYTALKと共に世界観を表現している。

このKEYTALKとねおの共演は、SNS で事前に投稿され 19,458 件いいね、3,160 件リツイートを獲得。ファンの間で話題となっていた。

 

今後も、個別メンバーの活動をサポートするプロジェクトを予定している「GO!ME.」プロジェクト。ブランドとアーティスト・クリエイターのコラボレーションとして、ぜひチェックしていきたい。


Yuki Abe

Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。