日本レコード協会、「日本のレコード産業2019」を発行
2019-04-09

日本レコード協会は4月9日、「日本のレコード産業2019」を発行した。PDF版は同協会ホームページにて公開されている。

Riaj

「日本のレコード産業」
https://www.riaj.or.jp/f/issue/industry/
※ ページは横幅640px以上のブラウザでなければ表示できないため、スマートフォンの縦画面では見れないと思われます。横画面にすれば見れる機種もあるようです。

「日本のレコード産業」は、日本のレコード産業の概要について、レコード生産統計の基礎データや関連資料をまとめた年次レポートで、レコードの生産実績、音楽配信売上、新譜・カタログ数、ミリオン認定などの情報を幅広く掲載されているもの。

今回発行された「日本のレコード産業2019」では、2018年のレコード産業(レコード生産・音楽配信)の概要として、各生産数量・金額が2009年からの推移でグラフ化されている。

また、巻末には関連資料として「日本ゴールドディスク大賞受賞一覧」や「歴代アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞者一覧」、「2018年ミリオン認定作品」も掲載されている。

音楽ソフト生産金額と有料音楽配信売上金額の合計が、2015年以来3年ぶりに、対前年比増加・3,000億円突破となった2018年。それを振り返る資料として、ぜひチェックを。


Yuki Abe

Yuki Abe

マーケティングコミュニティプラットフォーム「cocosqure」の開発 及び 音楽・エンターテイメント音楽とテクノロジーを掛け合わせたプロダクト/サービスの情報発信および開発を行っている“エンターテック・テクノロジスト/ソフトウェアエンジニア”。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。