「マンガ マッピン!」の第一弾作品、オノマトペを体感する「onomatopée(オノマトペ)」が銀座にて2日間限定公開
カテゴリ:イベント/LIVE
2017-11-15

ネイキッド×コルク×エイベックスによる、マンガ表現を「読む」ものから「体感する」アートへ変換し、現代のアートのあり方を提案するプロジェクト「マンガ マッピン!」。

その活動第一弾作品「onomatopée(オノマトペ)」について発表されました。日本の持つ豊かなオノマトペ表現を新たな形で体感するこの作品、11月25日(土)、26日(日)の2日間限定で、Basement GINZA(Ploom Shop銀座店 地下1F)にて無料公開。見逃せません。

 

平面表現の「オノマトペ」を「音」に変換

この作品のテーマは名前の通り、マンガの中で登場人物たちの心理状況や状況説明を臨場感をもって伝える表現である「オノマトペ」。

※ オノマトペとは
音を書き文字として表現するもの。(静かな場面での「シーン」や、ショックを受けたことを表す「ガーン」などもそのひとつ。)例えば同じ雨が降る表現でも様々なオノマトペが存在するように、日本語におけるオノマトペ表現は、日本人の繊細な感受性によって特に多様性を持っています。
また更に、日本のオノマトペは「漫画表現」において独自の進化を続けており、ただ音を表現するだけでなく、時にその場面や人の感情を表現し、より一層強調するための重要な視覚表現・デザインとなっています。

 

本作では、音を描き文字で平面化した視覚表現であるオノマトペを、平面から立体へ再変換。体験者の言動が5パターンのオノマトペ表現として、また音の大小によって映像のサイズも連動し、空間に現れます
体験者たちの言動がオノマトペ化することによってその空間の音楽が完成していき、自分の行動がマンガ表現化される空間を体験することができます

Main
『onomatopée』イメージ

 

音のクリエイションはエイベックスのクリエイティヴチームからサウンドクリエイターSam is Ohmが担当

オノマトペを立体化するにあたり、音のクリエイションを、気鋭のサウンドクリエイターSam Is Ohm氏が手掛けることが決定しました。様々なカルチャーを融合させた時代感覚をもつ次世代のサウンドプロデューサーとして注目される、Sam is Ohm氏が解釈するオノマトペ表現にも注目です。

Sub2
Sam is Ohm(サム イズ オーム)


ネイキッド×コルク×エイベックスによる強力コラボレーションによる新体験をお見逃し無く!

 

    マンガ マッピン! Vol.00「onomatopée(オノマトペ)」

  • 会期:
    2017年11月25日(土)、26日(日)11:00~21:00
  • 入場料:
    無料
  • 会場:
    Basement GINZA(Ploom Shop銀座店 地下1F)
  • 企画・演出・制作:
    NAKED Inc.
  • 協力:
    エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社松本企画

※満20歳以上の方のみ入場可能。
※NO SMOKING, Ploom TECH ONLY. 会場内はプルーム・テックのみ使用可能。


2017-11-15 | Posted in イベント/LIVE | by Yuki Abe
Yuki Abe

Yuki Abe

音楽・エンターテインメントとテクノロジーに焦点を当て 「音楽・エンターテインメントが持つ魅力・パワーを高め、伝える体験(演出や技術、それらを活用したマーケティング施策など)」、 「アーティストやクリエイター、音楽業界がよりエンパワーメントされるような仕組み(エコシステムや新しいビジネスの在り方)」 を発信・創造していくことに取り組んでいるクリエイティブ・テクノロジスト/ライター。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。その他、LIVE演出やVJの技術開発にも取り組んでいる。