モーションで音・映像を操るプロダクト “MOTUS”
カテゴリ:エンターテック
2015-11-09

prizme_600_2x_opt

TZM Creative Lab.が開発している“MOTUS” が新しい表現の可能性を提示してくれています。
MOTUSは小さな箱型デバイスとソフトウェアで構成されており、回転やシェイクなどの様々な「動き(モーション)」をセンシングし、そこから様々な楽器の音を奏でることができるプロダクトです。
 
 

 
 
小さいボディは手で持つだけではなく楽器へ取り付けても問題のないサイズであり、またモーションに対する遅れがなく、表現に対して素直に反応してくれています。

 
さらにこのMOTUSの注目すべきは、MIDI・OSC・Max for Live・Max・ReWireに最適化されているという特徴です。

つまり、それらのインタフェース・開発環境を持っていれば、モーションをインプットにした音・映像の操作を行えるシステムの開発が容易になります。
https://motusmotus.com/#Develop
 

  • 映像コントロール
  • ダンスとのコラボレーション

 
 
現在MOTUSはクラウドファウンディング中であり、3つのモデルが提供されています。

  • プロフェッショナル向けに通信ブリッジが付属する「PROモデル(119ドル)」
  • ベーシックな「Classicモデル(79ドル)」
  • 開発者には嬉しい、筐体を除いた「Hacker Kitモデル(49ドル)」

※ いずれもEalry Birdの価格。

 

– Comment –

IoTの普及で、センサーが組み込まれたプロダクトが数多く登場してきていますが、クリエイティブに特化した新たなプロダクト “MOTUS” も新しい表現の可能性を提示してくれています。
 
KinectなどのDepthカメラを利用してモーションを取得するという取り組みも積極的に行われていますが、
撮影環境の影響(遮蔽物の有無)やレイテンシ(動作からの遅れ)など気になる場合もあると思います。
 
動く対象に直接貼り付けるMOTUSであれば、モーション情報をより正確に、高レイテンシで取得することが期待できます
 
音を“操作”ではなく“動作”でコントロールするシステム、是非チャレンジしていきましょう。

ソース:

MOTUS

 
最後までお読み頂き、ありがとうございました。


2015-11-09 | Posted in エンターテック | by Yuki Abe
Yuki Abe

Yuki Abe

マーケティングコミュニティプラットフォーム「cocosqure」の開発 及び 音楽・エンターテイメント音楽とテクノロジーを掛け合わせたプロダクト/サービスの情報発信および開発を行っている“エンターテック・テクノロジスト/ソフトウェアエンジニア”。 「SXSW2017 Trade Show」出展コンテンツ制作やレポート発信をきっかけに、イベント・メディアへ登壇・出演。